※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

全国学力テスト、県へのデータ提供しないよう要望へ:鳥取市

 鳥取市教育委員会は1月19日、全国学力テストの学校別結果を鳥取県教育委員会に通知しないよう文部科学省に要望することを決めました。

 鳥取県では県情報公開条例により、全国学力テストの市町村別・学校別の結果を開示することが可能となってしまいました。一方で鳥取市教育委員会はデータ開示について「序列化に巻き込まれる」として反対しています。
 鳥取市の意向に関係なく、県の条例では公開が可能です。もし鳥取県教委に結果が通知されなければ県としても開示のしようがなくなるため、いわば自衛策を講じる形になります。
 全国学力テストで「情報公開」と称して序列化を図ろうとする動きがあるため、対抗策・自衛策としてこういう措置をとらなければならなくなります。もちろん現状の対抗策・自衛策としても可能な限りの策を検討していなければならないのはいうまでもありません。一方で根本的問題として、現行の学力テストの運営方法およびデータの扱い方自体に根本的な矛盾があるという点についても再検討が加えられなければなりません。