※当ブログは新サイト に移転いたしました。

新規の編集は、新サイトの方で実施しています。

田辺市いじめ自殺未遂、第三者委員会設置:和歌山

スポンサーリンク

 和歌山県田辺市立中学校の男子生徒が2012年12月に自殺未遂を図って意識不明の重体になり、背景にいじめが指摘されている問題で、田辺市は6月17日、いじめ問題の第三者委員会を設置し、委員5人が決定したと発表した。

 内訳は弁護士2人、大学教員2人(生徒指導が研究領域の元校長、精神科医)、臨床心理士からなるという。
 市教委や学校側は、いじめの存在は認定したものの、自殺未遂との因果関係については不明としている。一方で保護者は、「いじめが原因ではないかと考えている」と訴えているという。
 公正な立場からの事実関係究明が求められる。
(参考)
◎委員に弁護士ら5人 いじめ問題の第三者委員会 田辺市(紀伊民報 2013/6/18)