「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で遺族が起こした民事訴訟の第2回口頭弁論が3月19日に東京地裁で開かれた。被告の大阪市は生徒の自殺の原因について「キャプテンとしての重圧で不安になり、逃れようとしたこと」として、「体罰」との因果関係を ...

「体罰」・対生徒暴力

 山形市立中学校バレーボール部顧問の男性教諭が少なくとも2010年から13年にかけて、「試合でミスをした」などとして部員の生徒に対して別の生徒をたたくよう命じていた「代理体罰」問題で、山形県教育委員会の幹部が2013年9月、「報道で騒 ...

「体罰」・対生徒暴力

 長崎県諫早市立明峰中学校の教諭2人が、脳性麻痺で右半身が不自由な1年男子生徒に「体罰」を加えていたことがわかった。

 生徒は動作が不自由だったものの、入学当初は通常の学校生活を送っていた。2013年6月、「宿題を忘れた」 ...

「体罰」・対生徒暴力

 新潟県立三条東高校(同県三条市)の英語担当の教諭が3月5日、受け持ちの1年の授業中、「予習を忘れた」などとして生徒に土下座を強要していたことがわかった。

 この教諭は、クラス40人のうちの大半が予習をしなかったとして立腹 ...

「体罰」・対生徒暴力

 北海道遠軽町立小学校6年だった女子児童が2008年4月に自殺し、背景に担任教諭からのいじめまがいの「指導」があったとされる問題の民事訴訟で、札幌高裁は2月27日、担任教諭の行為を「やや厳しいが指導の範囲内」として違法性を認めず、学校 ...

「体罰」・対生徒暴力

 鹿児島県曽於市立小学校の男性教諭が児童への指導中に児童の頭を殴った上、刃物で教卓をたたいて威嚇していたことがわかった。

 剣道スポーツ少年団に所属する4年生の男子児童数人の下校中の態度について、地域住民から苦情が寄せられ ...

「体罰」・対生徒暴力

 愛知県立刈谷工業高校2年だった男子生徒が2011年に自殺した問題で、愛知県の第三者委員会は2月4日、所属していた野球部で「体罰」を目撃するなどしたことでうつ病を発症して自殺の一因となったとする報告書をまとめた。

 この事 ...

「体罰」・対生徒暴力

 埼玉県三郷市の埼玉県立三郷特別支援学校で小学部低学年を担任していた女性教諭が担任クラスの複数の児童に虐待行為を繰り返していた問題で、被害児童の1人と母親が埼玉県と当該教諭個人を相手取り、約400万円の損害賠償を求める民事訴訟をさいた ...

「体罰」・対生徒暴力

 大阪市立桜宮高校「体罰」自殺事件で、生徒の遺族が大阪市に約1億6500万円の損害賠償を求めて訴えた民事訴訟の第1回口頭弁論が、1月22日に東京地裁で開かれた。

 遺族の父親は「なぜ息子が死ななければならなかったのか、民事 ...

「体罰」・対生徒暴力

 山口県下関市立安岡中学校で2013年12月、サッカー部の外部指導者(60代)が部員に暴行を加えてケガをさせていたことがわかった。指導者は別の中学校で校長を務めた経験がある元教員だという。

 学校側は事件発覚後、外部指導者 ...