「体罰」・対生徒暴力

 大分県立竹田高校で2009年8月に発生した剣道部員熱中症死亡事故で、大分県教育委員会は12月28日、生徒の体調不良の兆候に対して「演技だろう」として暴行を加えるなどして救護が遅れたとして、顧問の男性教諭(47)を停職6ヶ月の懲戒処分 ...

「体罰」・対生徒暴力

 群馬県前橋市立桃木小学校で、放送委員会顧問で4年生を担任する教諭が、不適切な曲が校内放送で流れたことを問題視し、児童らに土下座を強要するなどしていたことがわかりました。

 事件は12月3日に発生しました。校内放送で、頭髪 ...

「体罰」・対生徒暴力

 「少なくとも2004年以降、特別支援学校の生徒計7人に対して、ズボンを下ろす・乗っていた車いすをひっくり返すなどの暴力行為や人権侵害行為を繰り返した」広島県教育委員会は12月18日付で、県西部の特別支援学校の男性教諭(47)を減給処 ...

「体罰」・対生徒暴力

 横浜市立奈良中学校の柔道部で2004年12月24日、顧問だった田中秀昌教諭(現在は横浜市立上郷中学校に異動)が当時3年生だった部員に柔道技をかけて硬膜下血腫などで一時意識不明の重体にさせ、高次脳機能障害などの後遺症を負わせた問題で、 ...

「体罰」・対生徒暴力

 長崎県時津町の私立青雲中学校の生徒寮で2009年5月、当時2年生の男子生徒が教諭らから暴行を受けた問題がありました。この事件の民事訴訟の第1回口頭弁論が12月14日に長崎地裁でおこなわれ、学校側は「原告が主張する不法行為はなかった」 ...

「体罰」・対生徒暴力

 横浜市立奈良中学校柔道部暴行事件(2004年12月24日発生)で、生徒に柔道技を執拗に加えて重傷を負わせた田中秀昌・柔道部顧問教諭=横浜市立上郷中学校に異動=について、横浜第一検察審査会が不起訴不当の議決をおこなっていたことが12月 ...

「体罰」・対生徒暴力, いじめ問題

 千葉県浦安市立高洲小学校養護学級担任教諭が2003年、担任クラスの複数の児童に暴行やわいせつ行為を継続的に繰り返した、いわゆる「浦安事件」。この事件について、『AERA』2009年12月7日号が『知的障害に冷たい司法-千葉県浦安市の ...

「体罰」・対生徒暴力

 「群馬県高崎市の群馬県立高崎商業高校の女子バレーボール部に所属していた当時、顧問の男性教諭から日常的に暴行を受けるなどして転校を余儀なくされた」などとして、元生徒が顧問・校長と群馬県教育委員会を相手取り、約660万円の損害賠償を求め ...

「体罰」・対生徒暴力

 フランスの世論調査によると、親がしつけ目的で子どもの尻をたたいて叱責することを禁じる法案が検討されていることに対し、有権者の82%が法制化に反対しているということです。

 また「体罰」・しつけとしての尻たたきを容認する有 ...

「体罰」・対生徒暴力

 福岡市教育委員会は教職員向けリーフレット「体罰によらない教育のために」を作成し、11月17日に市立学校の全教職員に配布しました。

 西日本新聞の記事によると、福岡市教委は「「教育現場から体罰を根絶したい」としている。」と ...