加害者本人や関係者をほのめかす人物からの嫌がらせへの対応について

 学校関連の事件事故(特に教師の暴力や生徒いじめ、生徒間のいじめ)に関して、新聞記事など公的に明らかにされている資料に基づいて記述すると、加害者本人やその関係者をうかがわせるような形で、何の根拠も示さず「事実無根」「加害者とされた自分たちへの誹謗中傷」などと騒ぎ、場合によっては全く法的根拠がないにもかかわらず「法的手段」などもほのめかしながら恫喝したり、プロバイダに事実無根の削除要請をするなどの嫌がらせをする人も、時々います。

 事実であると多くの資料で確認されている内容を記載していること、「体罰」問題やいじめ問題などは公共性・公益性のある事実関係の検討であり、個人のプライバシー暴露や私的糾弾などは一切していないことから、そういう主張は一切当てはまりません。

 また当ブログの記事に対して「事実無根」などと難癖をつけるのなら、まずは当ブログが元ネタにした新聞記事や発表資料の発行元に対して、「元ネタ」の誤りを完璧に証明して撤回させてからにするのが筋でしょう。

 しかし不思議なことに、当ブログに嫌がらせをする人は例外なく、当ブログや「元ネタ」の資料の記述が具体的にどう間違いなのかについては事実を全く説明できません。
 また元ネタの発行元にも訂正を求めなかったり、求めても根拠がないと全面却下されています。しかしそのことを当ブログが調べていないとでも思っているのか、「マスコミを鵜呑みにするお前が悪い」などと悪態をつくだけだったり、また事実関係の核心を認めながらも「正当だから問題視するのが悪い。だから事実無根」と論理破綻で逆上しているだけでした。

 2014年5月には、「勤務先の会社の不祥事疑惑を取材した新聞記事に立腹して記事を書いた新聞記者を脅迫したとして、当該会社の従業員が脅迫容疑で書類送検される」という事件が報道されています。この事例のように、「個人的に気に入らないから脅迫して事実を抹殺しようとする」というような不当な削除要求などは、場合によっては刑事上・民事上の責任を問われることもあります。

 こういう恫喝や嘘の削除要請などは、一切お断りいたします。恫喝や嘘の削除要請をされる人物に対しては、以下の三重の理由で不当要求とみなして厳正に対応します。

(1)当ブログ編集者があたかも誹謗中傷をおこなったかのように根拠なく嘘を言い立てている侮辱・名誉毀損であり、またその根拠の無い嘘をプロバイダに言い立てることでのブログ運営への妨害行為・当ブログ編集者への人権侵害、およびプロバイダへの営業妨害。
(2)事実を消すことは、間接的に事件被害者をウソつき呼ばわりしていることになる。
(3)気に入らないものを恫喝して消させることは個別の問題だけでなく、社会全体でもこういう不当な行為が横行すれば表現や言論の根幹にかかわる。

 万が一そういう嫌がらせがあった場合には、事実関係を公表の上しかるべき措置も検討いたします。

スポンサーリンク

フォローする