文部科学大臣が大学に「日の丸・君が代」要請

 下村博文文部科学大臣は6月16日、国立大学学長会議で学長らに対して、「国旗と国歌の取り扱いについて適切にご判断いただきたい」と発言し、入学式や卒業式で日の丸の掲揚と君が代の斉唱を実施するよう要請した。

 2015年4月の国会での質疑で、「大学の入学式・卒業式に国旗国歌があって当然」と次世代の党が質疑し安倍晋三首相も同調したことを受け、下村大臣は要請に意欲的な発言をしていた。

 下村氏は「各大学の自主的な判断に委ねられている」とはしているものの、小中高校や特別支援学校でおこなわれている日の丸・君が代の強制を大学にも広げる圧力になるとみられる。

 国旗国歌法では「強制は望ましくない」という政府見解が出された。しかし実際にはその見解はまるで存在しないかのように、学校現場での強制が続き、教職員への処分事例なども相次いでいる。

 また大学では、学問の自由や大学自治との兼ね合いで、国家による大学教育・大学自治への介入として問題になる可能性もある。大学の自主性に影響をあたえるような「要請」は好ましくない。

スポンサードリンク