小学校プールでの飛び込み事故発覚、調査委員会設置:鳥取

 鳥取県湯梨浜町立小学校で2016年7月、水泳の課外授業でプールに飛び込んだ6年の女子児童が頸髄損傷のケガを負い、手のしびれなどの後遺症が残っていることがわかった。

 事故は2016年7月15日午後5時20分頃に発生した。女子児童は男性教諭の指導のもと、飛び込み台から、水中にいる別の児童の持ったフラフープをめがけて飛び込んだが、頭を強打した。水深は90センチ前後だったという。

 児童は自力で立ち上がれず、教諭が引き上げた。その一方で学校側は、救急車を呼ぶのが遅れたなどと指摘されている。

 湯梨浜町教育委員会は3月2日に調査委員会を初めて開いた。被害児童の保護者は、調査委員会の立ち上がりの遅れにも不信感を持っていると指摘されている。調査委員会の立ち上がりが遅れたことについては、町教委は「順調に回復していると聞いた」などとした。

 また学校側は、指導に一部不適切なところがあったことや、対応が後手に回ったことなどを認めたとも指摘されている。

 プールでの飛び込み事故についてはしばしば問題となり、小中学校の体育授業では原則禁止となっている。水深が浅いプールで飛び込むと、事故のリスクが高くなる。指導に不適切な部分があったのではないかと思われるが、ていねいな検証が求められる。

(参考)
◎小6女児、学校プールで頸髄損傷 水中に飛び込み、鳥取(共同通信 2017/3/2)

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク