塚本幼稚園・森友学園、政治家の過去の講演 (1)

 大阪市の学校法人森友学園が運営する「塚本幼稚園」(大阪市淀川区)では、政治家を含めた極右系の著名人が講演をおこなっていることが、同園のサイトで紹介されている。

 2008年11月5日には、中山成彬衆議院議員が、「日教組の影と功罪」と題して講演をおこなっている。中山氏は、文部科学大臣(小泉内閣。2004年9月27日-2005年10月31日)や国土交通大臣(麻生内閣。2008年9月24日-28日、不適切発言が批判され5日間で辞任)を歴任している。

 また中山氏は一時期、塚本幼稚園のウェブサイトに推薦文を寄せていた。

塚本幼稚園 中山成彬推薦文

塚本幼稚園への中山成彬元文科相の推薦文(2014年当時の塚本幼稚園サイトより)

私も塚本幼稚園を訪問したときのことを鮮明に覚えています。園児の成長に合わせた、いろいろ画期的な取組に感銘をうけました。子供たちが暗唱した教育勅語やその他の名文は子供たちの成長につれ、人生の祈り節に子供たちの良き同伴者として励まし続けていくことでしょう。

(当時、塚本幼稚園ウェブサイトに掲載されていた中山成彬氏の推薦文より)

 中山氏は森友学園問題が表面化したのちの2017年2月26日、ツイッターで同学園に触れた発言をおこなった。


中山成彬 ツイッター

 視察や講演の時は肯定的に評価し、推薦文まで寄せながら、問題になると自分には関係がないとばかりに切り捨てる。変わり身の早さに驚く。

塚本幼稚園・森友学園、政治家の過去の講演 (2)
 校地が国有地取引問題の舞台となった、大阪府豊中市に開設が計画されている私立小学校「瑞穂の國記念小學院」のサイトでは、平沼赳夫衆議院議員が開...
スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク