森友学園問題、衆院予算委員会で質問:安倍首相も答弁

 民進党の福島伸享衆議院議員は2月17日の衆議院予算委員会で、大阪府豊中市の国有地を学校法人森友学園の新設小学校用地として国が事実上無償に近い価格で売却した問題について質疑をおこなった。

 前半部分については、この間の事実関係について確認している。学校用地が確保できていない状態で大阪府が学校設置を認可した問題、土地取引の過程、廃棄物が見つかったとして8億円値引きしたがその詳細な根拠、といったものについて質問した。

 政府側はこれまでの見解を繰り返して「学校設置については大阪府が適切に判断したと聞いた」「土地の見積もりや、廃棄物処理費用の算定については、適切におこなった」と述べた。

 福島氏はこれらの質問と答弁を踏まえ、問題の学校法人森友学園が問題の土地に新設する小学校(瑞穂の國記念小學院)の名誉校長に安倍首相の妻・安倍昭恵氏が就任していることを指摘し、安倍昭恵氏が「籠池先生(森友学園理事長)の教育方針に感銘を受け名誉校長に就任させていただきました」と記していることを指摘し、安倍首相はそのことを知っていたかと質問した。

 安倍首相は以下のように答弁した。

 その事実についてはですね――うちの妻が名誉校長になっていることについては、承知をしておりますし、妻からですね、この、森友学園ですか――の先生のですね、教育に対する熱意は素晴らしいという話は聞いております。ただその、誤解を与えるような質問の構成なのですが、私や妻が、この(小学校の)認可、また国有地の払い下げにですね、もちろん事務所も含めて、一切関わったことはないということは、明確にさせていただきたいと思います。もし、関わっていたんであればですね、これはもう、私は総理大臣を辞めるということになるわけでありますから、はっきりと申し上げたい、このように思います。

 福島氏はさらに、学校の土地を賃借にしたのは学校に資金がないからだと指摘し、学校法人側がすでに経営している塚本幼稚園の保護者を対象に寄付金を集めていたことを指摘した。2014年3月の日付で保護者に寄付依頼の手紙に渡されたが、手紙に同封された振込用紙に「安倍晋三記念小学校」と書かれていることを指摘した。

 その上で福島氏は、「総理が悪いといってるわけじゃないんですよ。利用されたのかもしれない」と前置きした上で、「総理はこういう名目でお金が集められていたということを知っていたか」と質問した。

 安倍首相は動揺した様子で答弁に立った。動画では、どことなく声がうわずっている様子などが見て取れる。

 あのー、私は、あのー、そもそも、今、話をうかがって初めて知ったわけでございますが、えー、これは、私が(2007年に第一次内閣の)総理を辞めたときに、うちの妻が(籠池氏を)知っておりまして、そういう中で、そういう、まあ、いわば、まあ、私の考え方に共鳴していただいてる方からですね、その方から小学校を作りたいんで、「安倍晋三小学校」にしたいという話がございましたが、私、そこでお断りをしてるんですね。私、まだ、現役の、えー、国会議員ですし、えー、(当時)総理大臣を辞めたけれども、この先、まったくもう、もう1回復帰することをあきらめたわけではないので……えー、まだ、現役の政治家である以上ですね、私の名前を冠にするのはふさわしくない……そもそも、えー、私が死んだあとならまた別だけれども、えー、何かそういう冠をしたいんであれば、えー、私の郷土の大先輩である、例えば吉田松陰先生の名前とかをつけられてはどうですかというお話をしたわけでございます。事実、「安倍晋三小学校」なんてのは存在をしていないわけですよね、名前違うわけですから。……ですから、えー、そういう意味においては、私は、初めて知ったわけでございます。これ(振込用紙)は本物かどうかというのは、私は確かめようがないわけでございますが、いずれにいたしましてもですね、いずれにいたしましても、えー、繰り返して申し上げますが、私も妻もですね、一切認可にもですね、あるいは国有地の払下げにも関係ないわけでありまして、なぜそれは当初の値段より安くなっているかについては、これは理財局に聞いて、もう少し詳細を詰めていただきたいと思いますし、認可においては、えー、大阪府ですか、小学校中学校ですから大阪市になるのかな、府ですか、えー……に確かめていただければいいことであってですね、えー、私の一概では全くわからない、えー、わけでありますし……繰り返しになりますがですね、私や妻が関係したとなれば、これはもう、まさに、私はもう、それはもう、総理大臣も国会議員も辞めることになると、はっきり申し上げておきたい。全く関係ないことは申し上げておきたいと思いますし、そもそも何かそういうことが動いてるかのようなことを、そのー、前提にお話をされるとですね、この小学校に通う子どもたちもいるんですから。それは、こういうことはですね、慎重にやっていただきたいと、このように思います。

 「安倍晋三記念小学校」の名称で寄付金集めをしていたとは知らなかったとしたうえで、学園への利益供与などは明確に否定した。

 週刊誌報道では、籠池理事長サイドの話として、「最初の首相を降りて、野党だった時代に内諾があった。再び首相になったあとに辞退の申し出があった」となっている。問題の振込用紙が配られた2014年には安倍首相がすでに再登板している(2012年12月26日就任)。そのあたりの指摘とは整合性がとれず、学園側に名前を勝手に使われたのかという話にもなるが、そのあたりは不明確となっている。

 一方で、学園の教育方針に賛同しているという答弁を引き出した形にもなっている。これは土地取引の問題とは別に、「教育勅語暗唱などの時代錯誤的な教育・園児虐待疑惑・民族差別的なヘイト・園側から保護者を威嚇する」など同学校法人が運営する塚本幼稚園で指摘され問題となっている、現代の日本社会における教育としては不適切といえるようなものに賛同しているということにもなる。そちらの論点でも問題になるのではないか。

スポンサードリンク