松戸市中1生徒自殺「いじめっ子に仕返し」メモ見つかる:千葉

 千葉県松戸市教育委員会は1月23日、市立中学校1年の生徒が1月10日に自殺し、「いじめっ子に仕返しをしてみたい」などいじめを示唆する内容のメモが見つかったと発表した。

 当日は3学期の始業式の朝だった。この女子生徒は1月10日朝、松戸市内の団地から飛び降り自殺した。生徒の自宅からは、生徒が書いたメモや走り書きのノートや便箋が見つかり、遺族が警察に提出していた。

 市教委が警察にノートの記述の内容を問い合わせたところ、「いじめっ子に仕返しをしてみたい」「自殺しようとしたけど失敗した」など、いじめが自殺の動機とうかがわれるような記述があったことがわかったという。

 学校側では、「毎月実施しているいじめアンケートでは、この生徒からいじめ被害の訴えはなく、同級生からも情報はなかった」として、現時点ではいじめがあったかどうかは確認できていないとしている。

 事実関係については、現時点では報道発表の範囲でしかわからないという状態で漠然としているが、メモの内容はいじめもうかがわれる内容であり、詳細な調査が求められる案件といえるのではないか。

(参考)
◎中1女子が自殺、「いじめ」示唆するノート 千葉・松戸(朝日新聞 2017/1/23)
◎中1女子が自殺か ノートにいじめ示唆する記述 市教委が調査へ(NHKニュース 2017/1/23)

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク