東京都千代田区でも原発事故避難生徒がいじめ受ける

 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故の影響で福島県から避難した児童・生徒に対して、避難先の学校で避難者を理由にしたいじめを受けた、もしくはその疑いがあるという事例が、横浜市や新潟県の事例など複数報道されている。

 東京都千代田区立中学校でも、福島県からの避難生徒に対していじめがあったと、『朝日新聞』ウェブ版2016年12月13日付が報じている。

 記事によると、福島県から自主避難した被害生徒は、2015年夏頃から一部の生徒から「避難者」などと呼ばれるようになり、「福島から来たからお金ないんだろ」「貧乏だからおごれないの?」「避難者とばらすよ」などと心ない発言を受けたり、コンビニで菓子などをおごらされたという。またゴミを「あげる」などと押し付けられてカバンに詰め込まれたりもした。教科書やノートがなくなり、破られた状態で見つかったこともあった。

 保護者が2016年11月、カバンに詰め込まれたゴミを見つけていじめに気づき、学校に相談した。学校は、同級生3人から約1万円分をおごらされていたなどのいじめは確認したものの、避難者を理由にしたということについては確認できなかったとしている。

 また被害生徒は、小学校のときから「菌」「福島さん」などと呼ばれるなどのいじめを受けたとも訴えている。

 いじめそのものが極めて悪質な人権侵害であり、被害生徒の尊厳を著しく傷つけるものである。しかも、避難者であることといじめの内容との間に因果関係があると思えるような訴えなのに、学校側が因果関係を確認できていないというのも、不審なことである。当該校ではさらなる調査と対応が必要ではないか。

(参考)
◎「福島さん」といじめられ… 原発避難生徒におごり要求(朝日新聞 2016/12/13)

スポンサードリンク

フォローする

スポンサードリンク