青森市中2いじめ自殺:学校側が「通学中の事故」扱いで災害共済給付申請

 青森市立浪岡中学校2年の女子生徒が2016年8月に自殺し、背景にいじめが指摘されている問題で、学校側が遺族に十分な説明をしないまま、「通学中の事故」扱いで日本スポーツ振興センターに災害共済給付金を申請していたことがわかった。遺族側はこの手続きに対して不快感を感じているという。

 生徒の父親は11月4日、他のいじめ自殺等の遺族とともに、文部科学省に再発防止を求める要望書を出した。その際に記者会見し、災害共済給付金のことについても明らかにした。父親は「謝罪を求めているわけではなく、何があったのかを求めている」などと話した。

 災害共済給付金は、学校活動に関連する事故で児童・生徒が死亡ないしは負傷した際に見舞金や治療費などが支出される。

 学校側は手続きをした事実を認めた上で、「少しでも早く申請した方がいいと思った」と話しているという。

 いじめがあったことを強くうかがわせるメモが生徒の携帯電話に残され、また生徒の生前に学校側にも相談していたことなどいじめを疑われるような状況が多数ありながら、「通学中の事故」扱いにするのは、いじめ自殺の事実を消そうとしていることにほかならないと受け取られるのではないか。

(参考)
◎いじめ訴え自殺 学校側、遺族に説明なく「通学途中の事故」と申請(FNNニュース 2016/11/4)

スポンサードリンク