青森市立中学校2年女子生徒が死亡、背景にいじめか

 青森市立浪岡中学校2年の女子生徒が8月25日に鉄道人身事故で死亡したことに関連して、この生徒がいじめに遭っていたことを示唆するような訴えがあることがわかった。

 生徒は8月25日、同県南津軽郡藤崎町のJR奥羽線北常盤駅で鉄道事故に遭い死亡した。事故当時の状況から、自殺の可能性が高いとみられているという。生徒の通っていた中学校では、事故前日の8月24日が2学期の始業式だった。

 いじめの情報もあり、学校側は今後調査するとしている。

 青森県内では8月19日にも東北町立上北中学校1年男子生徒の自殺事案があり、背景にいじめが指摘されている。いじめ自殺の疑いがある生徒死亡事件が続いたことになる。

 浪岡中学校生徒の事故についても現時点での情報は断片的だが、いじめの事実関係、またいじめがあった場合にはいじめと自殺との因果関係について、しっかりと調査する必要がある。

(参考)
◎駅で死亡は浪岡中2年女子、自殺か(東奥日報 2016/8/28)

スポンサードリンク